MBA受験の振り返り(6)interview

Interviewも非常に重要なプロセスですね。就職活動の準備を思い出しました。
これは当たり前ですが、台本を作って暗記して、それをそのまま話すのは自滅行為です。
話したい要素だけ覚えておいて、それを繋いでいくのが自然で良いと思います。

質問事項に関しては「日本人のためのMBA エッセイ インタビュー キャリア対策」の本を読んで回答を準備しました。
あとはローレンさんのサービスで練習に付き合ってもらいました。
細かなフィードバックも頂いて本当に満足しています。

僕の場合はSkypeと電話でinterviewを受けました。現地に行けるならそれも良いのかもしれませんが、お金の都合で現地面接は依頼しませんでした。Skypeは相手の顔が見えるのでそこまで違和感はありませんでしたが、電話には苦労しました。自分のヒアリング力の無さのせいで何度も質問を聞きなおししました。どちらかを選べるなら迷わずSkypeをおススメします。結果的に通過したから良かったものの、SMUは電話でのinterviewでヒヤヒヤしたのをよく覚えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする