MBAで得たもの

新しい会社で働き初めて10日が経ち、まだ研修中です。
東京での暮らし自体はほぼ立ち上がったという感じです。

僕がMBAを目指した理由は他の人ほど高尚なものではないし、
シンプルにキャリアチェンジの目標を達成するためでした。
一方でその旅の中で得たものはやはり多く、自分なりに整理したいと思います。

・自信
実のところ、これが一番大きいのかもしれません。
ビジネスマンとしての自信というより、
仕事を含めて今後の人生を送るための自信がつきました。
非常に厳しい環境であっても、何とかなるということを

身をもって実感することができました。

これから先、仕事で大変なことはたくさんあると思いますが、
リスクをとった上でSMUを退学になるかもしれないというプレッシャーと比べれば
大抵のことは乗り切れる気がします。笑

・グローバルなネットワーク
言わずもがなですが、もちろん大きな要素です。
いかにこれが有用かは明らかなので割愛しますが、
個人的には刺激を受けることが一番大きいです。

優秀なクラスメイトばかりなので、
彼らが活躍する様子がLinked Inなどで伝わってくるので
自分も頑張らないといけないという気になります。

・キャリアチェンジの機会
これはやはり外せません。別途個別で書きたいと思いますが、
MBAのシグナリング効果はあったと思いますし
インターンシップにより経験をアップデートすることができました。
ただ、もちろんMBAで全てが上手くいくわけではなく
非常に苦労した側面もあるので、他の記事でお伝えします。

他にもグローバルなPM力や経営学の全般的な知識を得ましたが、
MBAホルダーとしては当たり前な気がするので
個人的に大きかった点を中心にお伝えしました。

MBAに行く目的はそれこそ十人十色ですし、
正解も不正解もありません。
自分の目的を達成できたか、それだけが重要な要素だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする