MBAはキャリアチェンジに有効か

新しい仕事を始めて二ヶ月が経ちました。
時間が過ぎ去る早さに驚きます。
明日から新年度になりますし、
気持ち新たに楽しんでいこうと思います。

さて、僕が留学時における最重要の目的としていた
キャリアチェンジとMBAに関して書いていきます。
結論から言えばMBAはキャリアチェンジに有効だと思います。
しかしながら、いくつか注意するポイントがあります。

・MBAがあれば全てが上手くいくわけではない
これは当初から想定していましたが、体感すると身に沁みます。
僕は就職活動時にはコンサルティング会社、
事業会社の経営企画or事業企画を中心に受験していました。
正直なところ、かなりの数の書類落ちを喰らいました。

MBAに行ってるんだから書類ぐらいは何とかなると思っていましたが、
現実は甘いものではありませんでした。
ただ、書類落ちの部分に関しては一概には言えないかもしれませんし、
ハーバードやらスタンフォード卒なら多少は事情が違うかもしれません。

・何だかんだで前職の経験にかなり左右される
前の項目と重複する部分もあるのですが、
例え書類が通過してもまずは営業からとか、
営業企画はどうかとか、そんな話もたくさんありました。

職種を変えなければ年収アップもかなり狙いやすいと思います。
ただやはり自分の年齢的に今までの経験にかなり左右されました。
もう少し若ければ、また違う道を歩んでいたかもしれません。

・一方で評価してくれる会社もある
ここまでマイナスな話ばかりな感じですが、
一方でちゃんと評価してくれる会社もあります。
これはインターンも含めてです。

ですからMBAに行ったとしても
キャリアチェンジがしたければ
インターンも授業と同じぐらい重要だと思います。

シンプルにリスクをとって
学ぶ意欲を評価してくれた会社もありました。
結局のところ可能性のあるところに戦略的に出願しまくることが
次の道に繋がると思います。

MBAはキャリアチェンジに有効ですが万能ではありません。
でも、チャレンジした勇気や意味を
しっかり理解してくれる会社もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする